2010年11月05日

双頭の鷲の旗の下に

その昔、保育園児だった頃(年長の1年前だったと思う)、私が滑り台で遊んでいたら、園児仲間の久長君が後ろから押したので、私は滑り台から落下。落ちた時の衝撃で右脚を骨折。その時以来、数カ月を寝て過ごすことに。

寝てばかりでやることが無いものだから、両親が買ってくれたレコードをよく聞いていました。その中の1枚にワーグナーの「双頭の鷲の旗の下に」がありました。この元気な行進曲に子供心ながら勇気づけられる思いがして、この「双頭の鷲の旗の下に」が大好きになりました。

パンパカパーン、パンパカパーン、パンパカパンパンパパパン♪

曲の後半のトロンボーンが旋律を吹くところが特に大好きでした。
ああ、懐かしい。

私が聞いていたレコードが、指揮者は誰で楽団はどれというのは、今となっては永遠に分からなくなってしまいましたが、最近久々に「双頭の鷲の旗の下に」を聞きましたが、骨折当時に聞いていたものとは違うようです。


華麗なるクラシック・マーチ集

華麗なるクラシック・マーチ集

  • アーティスト: マゼール(ロリン),小澤征爾,ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団,ボストン交響楽団,エーテボリ交響楽団,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団,ユンゲ・ドイチェ・フィルハーモニー,フィルハーモニア管弦楽団,ボストン・ポップス・オーケストラ,ベルリン・フィルハーモニー管楽アンサンブル
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/09/25
  • メディア: CD



posted by 青龍号 at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。