2010年12月24日

光陰矢のごとし

恐ろしい勢いで時間が過ぎ去っていきます。まさに、光陰矢のごとしです。ぼんやりする時間が殆ど無く、忙しい毎日を過しているからでしょう。ある意味、充実した毎日を過ごしているのかもしれませんが、いたずらに時間だけが過ぎ去っていっているような気がしないでもありません。ここ最近の時間の過ぎ去り方があまりに早すぎて恐ろしいくらいです。
posted by 青龍号 at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。